あなた様なら どれ選ぶ?メジャー土地活用7つの方法を徹底解剖!

土地を相続した場合、どのように土地を活かせば良いか 正直悩みますよね? 

相続したものの、自宅は遥か別の場所にあるし、遊休地としてずっと放ってる方も多いのでは。しかし、土地を所有しているだけでは、税金を取られるだけで(怒~)何のメリットもありません。(資産ではなく「死産」) 

そこで、今回は 代表的な土地活用の方法をご紹介します。土地を相続した方や、遊休地の活用の仕方でお悩みの方は、是非 最適な方法を見つけて 夜ぐっすり寝れるようにして頂きたいと思います。(笑)

1.マンション経営

マンション経営は、固定資産税対策や相続税対策に繋がりますし、毎月安定した収入を獲得できますので、長期的に見て安心できますよネ。

しかし、初期費用が大変高額となり、また建物の修繕費や管理費に 別途費用が必要になってきます。

一般的に、日本全国マンションは供給過多ですので、なかなか入居者が決まらないという問題点もあります。

建てるならこういうマンションが良いと思います。

当会直営「メゾン・ド・カクタス」愛媛県松山市

2.トランクルーム経営

トランクルーム(トランクBOX)経営にも種類があり、屋内のトランクルームタイプか、屋外のコンテナタイプとなります。

トランクルームってあまり見かけませんが、初期投資額が低いので、利回りが20%を超える物件も存在します。

屋内・屋外共にいくつも設置しますので、空室率が100%になるリスクはありません。

しっかりとリスク分散ができますよ。

やるなら 築古住宅を利用した こういうトランクルームも有りだと思います。

当会直営「レンタルBOX24」新居浜庄内店

3.ビル経営

マンション経営やアパート経営と比較して、ビル経営は高い賃料を得ることができます。もちろん、相続税や所得税などの節税効果を得ることもできます。

企業の業績が悪化すると テナントが空室になってしまうことがあり、とても景気の影響を受けやすいのが ビル経営の特徴の1つです。

また、今後 在宅勤務やSOHOなどがさらに増え、働きやすい環境が整えられていきます。そのため、ワークスペースが狭くなるという可能性もあり、いずれにせよ 景気を見極めていく必要性は高いです。

テナントの空室でお悩みの方は、コチラのサイト 是非ご覧下さい!

4.戸建賃貸経営

日本ではマイホーム離れが深刻に進んでいます。『一生賃貸派』が 間違いなく増えているのです。

しかし 賃貸派だからと言っても、結婚し子供が生まれると 広い庭付きの家に住みたいもの。

そこで、戸建賃貸住宅の出番です。(笑) 広い一戸建ての住宅に「賃貸」で生活できるのですから、今後さらに需要が増えていくと考えられます。

中古戸建てを土地値以下で仕入れて、リーズナブルに賃貸住宅を提供している事例はコチラ

5.ロードサイド店舖経営

ロードサイド店舗は、例えば道路からアクセスしやすい「コンビニ」などの店舗を言います。最も大きいものは大型ショッピングセンターなどの規模となります。

ロードサイド店舗の経営を行うことで、その地域への社会貢献や、街づくりという面でも意義深いのではないでしょうか?

店舗開発の御相談はコチラから

6.駐車場経営

駅前や観光施設など 様々な場所で増えているコインパーキング。

駐車場経営は、何か物件を建てる必要がないので、時間もコストも最小限で始めることができる土地活用の方法です。

しかも、狭小地でも収益を生める可能性があるのが特徴。

今は、遊休地としてどうすれば良いのか分からないけど、将来は別の用途に使うと明確に決まっている場合は、駐車場経営を始めてみてはいかがでしょうか?

7.コインランドリー経営

コインランドリーの経営は、立地面での影響を受けにくく、狭小地でも開業できる経営システムです。近年、女性の社会進出に伴って、共働き家族が増えましたよネ。

家族の洗濯物をまとめて ささっと洗うことが出来るコインランドリーの注目が増しています。それに、雨の日でも しっかり洗濯乾燥できるのも人気のポイント。

また、コインランドリーは、セルフサービスでの運営となりますので、人件費はほとんど必要ありませんし、アパートやマンションなどに併設することによって、入居者様に利用して頂くことにも繋がります。

24時間受付・メールからのお問合せは

コチラ

戸建賃貸 or 駐車場経営?

一人で悩まないで

お気軽にご連絡下さい!

戸建賃貸経営の魅力が分かる!

毎月5名様に 戸建賃貸経営の事がよく分かる小冊子(PDF版)をプレゼント!ご応募はコチラ

おススメ書籍

お陰様で年間建築棟数1,000棟突破!!

土地活用ドットコムは賃貸経営のお役立ちサイト

日本の住宅を安くする!『全日本ビルダーサポートセンター』